GyaO(ギャオ)をGetASFStreamで完全攻略

フリーウェアを使って、お手軽にDVDビデオを作成

動画ファイルをDVDビデオにする

動画ファイルを人に渡すときは、DVDビデオにしておくと便利です。
動画ファイルからDVDビデオを作成する場合は、DVDオーサリングソフトが必要です。
とにかく手軽に作成したい方は以下を参考にしてみてください。

ここでは、フリーウェアの「Video DVD Maker FREE」を使用します。

「FairUse4WM」でDRMを解除した動画は、作成に失敗する確率が高いようです。
「Automate unDRM」と「drm2wmv_e」は大丈夫です。

システム条件

1.Windows XP or 2000

Video DVD Maker FREE の入手は  ProtectedSoft Products

ダウンロードしましたら、インストールしてください。

放送方式の変更

Video DVD Maker FREE を起動し、左側のメニューにある「Setup」をクリックします。
そして、ビデオの放送方式を「DVD NTSC」に変更します。

放送方式の変更

DVDビデオの作成

放送方式の変更は初回のみです。以降はここから参考にしてください。

左側メニューの「Step 2.Render timeline」をクリックしてください。
「Add file(s)」をクリックして、DVDビデオにしたい動画ファイルを登録します。
複数の動画ファイルを登録することができ、再生する順番は上下の矢印ボタンをクリックして変更します。
準備が整いましたら、「Next」ボタンをクリックするとエンコードが開始されます。

対応するファイル形式は「MPEG-1,MPEG-2,MPEG-4,AVI,WMV,ASF,DivX,XviD,QuickTime」などです。

動画ファイルのエンコード

エンコードが終了すると、書き込み画面が表示されます。
「Drive:」のプルダウンメニューから書き込み可能なデバイスを選択します。
ブランクディスクをセットしたら、「Burn」ボタンをクリックします。

DVDメディアへ書き込み開始

書き込みが終了すると、「Log」のところに「Done」と表示されます。
なお、作成したDVDビデオフォルダは「マイドキュメント」の「マイビデオ」-「Video DVD Maker FREE_dvd」
フォルダに保存されています。必要なければ書き込み終了後に削除してください。

市販のDVDオーサリングソフトを使用すれば、高画質のDVDビデオが作成できます。
メニューの作成、チャプターの挿入、動画の編集などもできます。

当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Copyright(C) 2006-2019. V8Turbo All Right Reserved



PAGE TOP